シミ取りレーザー治療

シミ取りレーザー治療のリスクと費用について

紫外線の浴びすぎや加齢などで出来た顔のシミが目立ってくると悩みが大きくなるものです。そんな悩みを解消したい時に魅力なのがシミ取りレーザー治療です。

 

美容皮膚科などのクリニックで行われており、手っ取り早いシミ取りが期待出来ます。美白化粧品を使っても中々取れないという方でも諦めるのはまだ早いです。

 

このシミ取りレーザー治療ではどんな流れになるのか、どんな特徴やリスクがあるのか、これから紹介していきます。顔に出来たシミにお悩みの方は参考にしてみて下さい。

 

シミ取りレーザー治療の仕組みはどうなっているの?

 

紫外線や加齢などで出来るシミは皮膚中に含まれている黒い色のメラニン色素で生成されています。シミ取りレーザー治療では黒い色に反応するレーザーを照射し、シミを取っていく仕組みになっています。

 

メスで切開するという治療ではないため、傷跡が残るリスクは少ないです。レーザー照射時に輪ゴムを弾いたほどの痛みが生じますが、クリニックで受けられる治療のため、麻酔による痛みの緩和が期待出来ます。

 

レーザーの波長によって到達する深部が異なります。波長が短いレーザーは浅い位置、波長の長いレーザーは深い位置まで届く性質があります。中には複数波長のレーザーを使用するシミ取りレーザー治療もあり、シミによって使い分けているクリニックが見られます。

 

シミ取りレーザー治療の気になる流れはどうなっている?

 

まずはクリニックに来院し、カウンセリングを受ける事から始めます。カウンセリングでは次のような説明が受けられます。

 

  • どんな治療なのか
  • どんなメリットやリスクがあるのか
  • 料金は幾らかかるのか

 

診察にてシミの状態などを調べ、一人ひとりに合った治療方針を決めていきます。クリニックによってはカウンセリング、診察の当日にシミ取りレーザー治療が受けられる事があります。

 

施術室に移動し、目を保護するためのゴーグルを装着してからレーザー照射を行います。レーザー照射後には熱を持つためにクールダウンを行います。レーザー照射した部分には保護のためのテープを貼っておきます。

 

帰宅後、しばらく経過するとかさぶたが出来ますが、自分で取らずに自然に剥がれ落ちるまで待って下さい。1回では取り切れない場合は2回目のレーザー照射が行われます。

 

シミ取りレーザー治療にはどんなリスクがあるの?

 

シミ取りレーザー治療を受ける時に気になるのがリスクです。どんな治療にもリスクは付き物ですが、顔という目立つ部分にレーザー照射を行うため、事前に理解しておきたいところです。

 

レーザー照射するとその部分が炎症を起こした状態になります。この炎症により、炎症性色素沈着が出来るというリスクがあるのです。シミを取るため治療を受けたのに、かえって黒ずみのような色素沈着が残ってしまいます。

 

もし炎症性色素沈着が出来た時は再度レーザー照射を行うといった対策があります。再照射を受けると追加料金が発生するのか、保証により無料になるのか事前に質問しておいて下さい。

 

2つの波長のレーザー照射を行う治療の場合は炎症性色素沈着が起こり難いと言われています。炎症性色素沈着が気になる時はどんなレーザーを使用しているのか、ホームページなどで調べておいて下さい。

 

シミ取りレーザー治療の料金はどの位かかるの?

 

治療目的なら保険が使えますが、シミ取りレーザー治療は美容目的のために保険が使えません。料金は全額自己負担となるため、事前に目安を知っておきたいところです。

 

自費診療のため、クリニックによって料金がバラバラですが相場というものがあります。レーザーの種類や範囲によって料金が異なりますが、1cm四方のシミでレーザー治療を受けた場合は1万円から3万円ほどが相場となっています。

 

中には初回料金を安く設定しているクリニックもあります。基本的には1回のレーザー照射で取れる事が多いですが、何回も受けた場合はその分だけ料金が高くなっていきます。麻酔をかけて貰うと別途料金が必要なのかどうか事前に確認しておいて下さい。

page top