グレープフルーツのビタミンC、ヘスペリジンで美白効果をアップ

グレープフルーツのビタミンC、ヘスペリジンで美白効果をアップ

グレープフルーツに美白効果があるのをご存知ですか?美白に効く食べ物と言えば、ビタミンCを豊富に含むレモンがよく知られています。しかしレモンをそのまま食べるのはちょっと難しいですよね。せいぜいレモンの果汁を絞ったサラダを食べたりと、十分な量を取ることはできません。

 

しかし、グレープフルーツならたくさん食べることが可能です。グレープフルーツを美味しく食べながら、美白効果も実感できれば最高ですよね。ここでは、グレープフルーツがなぜ美白に効くのかと効果の出る食べ方を説明して行きます。

 

ビタミンCによる美白効果

グレープフルーツを1つ食べれば、1日に必要なビタミンCを摂取することができると言われています。ビタミンCは抗酸化作用があり、メラニンを作り出す働きを抑える効果があります。また、できてしまったシミを薄くする効果もあります。若い頃に日焼けしてできてしまったお顔のシミも、ビタミンCによって改善できるかもしれません。

 

ヘスペリジンによる代謝の改善

ヘスペリジンとはビタミンPのことで、グレープフルーツの房や皮に多く含まれています。このヘスペリジンには、血流の流れを改善する効果があります。血液の血流が良くなれば、毛細血管の先にまで、栄養や酸素を届けることができます。

 

それによって、肌のターンオーバーが促され正常化するのです。肌のターンオーバーにより、古い角質が取り除かれ、くすみのない美肌へと近づいていきます。

 

ナリンギンによる活性酸素の抑制

グレープフルーツの苦味の元となっているのがナリンギンという物質です。ナリンギンには抗酸化作用があり、活性酸素を抑制します。活性酸素とは、紫外線やストレス、喫煙によって増える物質です。この物質は、メラニンを作り出したり、コラーゲンを破壊してしまいます。その活性酸素を抑えるのがナリンギンです。

 

美白以外への効果

グレープフルーツを食べると、美白だけではない様々な効果が得られます。まずは、コレステロール値を下げることができます。グレープフルーツにはペクチンという食物繊維が含まれているので、腸内の善玉菌を増やしてくれます。その結果、便秘が改善されて身体の中の悪い物質が外に出やすくなるので、コレステロールが下げられるのです。

 

次に、グレープフルーツを食べるメリットとしてダイエット効果があります。グレープフルーツには食欲を抑える効果があるので、食事の前にグレープフルーツを食べると自然と食べる量が減り、ダイエットに繋がるのです。他にもグレープフルーツに含まれる、リモネンという物質は体脂肪を燃焼させる働きがあります。

 

持病のある方はお薬との飲み合わせに注意

健康にも美容にもいいグレープフルーツですが、降圧剤(ニソルジピン、フェロジピン等)、高脂血症治療剤(シンバスタチン等)、免疫抑制剤(シクロスポリン等)んぼお薬と一緒に食べたり飲んだりすると、薬の作用が強く出すぎるなどの副作用が報告されていますのでお薬を飲んでいる場合は、かかりつけ医、薬剤師に確認してから食べるようにしましょう。

 

効果的な食べ方

グレープフルーツの効果的な食べ方は、果汁を絞ってジュースにするのではなく、そのまま食べることです。グレープフルーツの房や筋の部分にも美白作りに欠かせない栄養が含まれています。是非1日1個を目安にグレープフルーツを食べて、綺麗なお肌と健康な身体を手に入れていきましょう。

page top