グルタチオンの美白効果について

グルタチオンの美白効果について

グルタチオンなんて、あまり聞きなれない言葉ですよね。ですが実は私達の体の中でいつも働いている物質で、健康や生命活動の維持にとても大切な役目をしてくれているのです。

 

近年、その作用を美容へ応用しようと大変注目されている成分でもあります。美白、美肌に効果があるとは、今までその名を知らなかったとしても俄然興味が湧いてきますよね。グルタチオンの生理的作用、そしてそれが美肌を作るためにどう利用されているかを見ていきたいと思います。

 

グルタチオンとは

 

私達は常に体に悪影響を及ぼすものに晒されています。降り注ぐ紫外線や放射線、煙草、食物添加物などです。これらにより、体内に活性酸素が生じ、細胞が傷めつけられ、癌や老化が引き起こされます。また、自らの呼吸、特に激しい運動をした時の呼吸においても活性酸素は発生します。

 

細胞内に発生したこの活性酸素と戦ってくれるのがグルタチオンなのです。グルタチオンはグルタミン酸、グリシン、システインというアミノ酸で構成されているトリペプチドです。

 

ヒトや動物、植物の細胞内に存在して、その強力な抗酸化作用と解毒作用で生命の健康維持のために働いてくれています。特に肝臓と皮膚には多く存在します。肝臓は解毒器官として働き、皮膚は紫外線や放射線などから身を守るためです。日本では医薬品に分類されています。

 

グルタチオンの主な働き

 

ひとつ目は常にグルタチオンのほとんどが還元型の状態でいて、細胞内において抗酸化できる環境を作っていることです。(チオール環境といいます。)グルタチオンは細胞内に入ってきた活性酸素物質(フリーラジカルや過酸化物)を抗酸化作用でその毒性を除去します。働いて酸化型になってもすぐに還元型に戻り常に抗酸化能力がが一定の状態を保っています。 

 

ふたつ目は細胞に入ってきた毒物や抗生物質などの薬物、体内伝達物質で不要になったものなどを、細胞の外へ排出する働きです。これらの不要物質を自分と結合させ(グルタチオン抱合といいます)、自らと共に細胞外に排出して、細胞を解毒します。最終的に腎臓から尿として排出されたり胆汁になったりします。

 

医薬品としてのグルタチオン

 

この活性酸素を消す働き、解毒作用の働きが医薬品として用いられています。内服・注射の副作用として発疹、食欲不振、悪心・嘔吐が見られることがあります。

 

内服の場合:金属中毒

 

注射の場合:慢性肝疾患の肝機能改善、慢性湿疹、急性湿疹、蕁麻疹、皮膚炎、肝斑、リール黒皮症、炎症後の色素沈着、放射線による白血球減少症、宿酔、口腔粘膜の炎症

 

点眼薬の場合:初期老人性白内障、角膜上皮剥離、角膜潰瘍、角膜炎

 

(参考文献/今日の治療薬2017年度版 南江堂)

 

グルタチオンを含む食品

 

ブロッコリー、キャベツなどのアブラナ科の野菜、ニンニク、玉ネギ、アボガド、ほうれん草、カボチャ、くるみ、牛レバー、赤貝などにグルタチオンが含まれています。しかし熱に弱いので調理時に壊されてしまうので、十分な量を取るのは大変です。生で食べられるキャベツはお勧めです。

 

グルタチオンは顔のシミに効く?

 

皮膚は紫外線や放射線の刺激を受けると、体内で活性酸素が生じて細胞が損傷するのを防ぐためにメラニンを出し体を守ろうとします。黒色メラニン(ユウメラニン)により肌が黒くなったり、肌のターンオーバーが乱れてメラニンの排出がスムーズでないとシミが出来たりするのですが、グルタチオンはこの黒色メラニンの産生を抑えると言われます。

 

さらに肌を美しく見せる肌色メラニン(フェオメラニン)の産生を促進するとも言われます。まだメラニンへの作用は未解明な部分も多いのですが、上記にありますように医薬品としても炎症後の色素沈着に保険適用がある程なので、シミへの効果はあると言えます。

 

また確かな抗酸化作用があるため、血管や肌の細胞の老化を防ぐ作用は期待できます。シワやたるみに効果があると言えるでしょう。

 

さらにグルタチオンには、別の抗酸化物質を活性化する働きがあるのです。ビタミンCが抗酸化作用の働きをして自身が酸化してしまった時、グルタチオンの還元作用によって抗酸化作用を取り戻すことが出来るのです。

 

とくに煙草を吸って生じる活性酸素はビタミンCの破壊が著しいので、煙草を吸う人、または身近に煙草吸いがいる方は積極的に活用したいですね。

 

グルタチオンのサプリメントは購入できる?

 

グルタチオンは日本では医薬品に指定されているので、サプリメントの販売は禁止されています。美容目的でグルタチオンを取り入れる方法は、ひとつは美容クリニックなどの医療機関で費用を全額自己負担で点滴を行うことです。白玉点滴とも呼ばれ、美白や美肌を謳っています。(他にデトックスや二日酔いの効果も)

 

美容クリニックでの点滴は高価なので、(ネットで検索したところ、10,000〜20,000円前後の料金で、回数が多いと割引するクリニックもありました)効果や料金、目安の回数、副作用が出た場合の対応などよく相談して下さい。

 

手軽なサプリメントでとう方は個人輸入という形で海外の製品を入手することになります。ただ、代行という形でネット通販での購入は可能ですが、自己責任が生じることは自覚しておいた方が良いと思います。

 

グルタチオンは高い抗酸化・解毒作用があるので、体にもお肌にも効果が高そうです。しかしその効果の高さ故、医薬品に指定され手軽さは無いというジレンマを抱えています。

 

クリニックに行くにしろ、海外製のサプリメントを摂るにしろ、少しの面倒さと出費と自己責任をもたらしますが、その壁を乗り越えさせるのはあなたの美肌への情熱だと思います。"

page top